山手線 田端駅

タイトルロゴ
山手線

山手線で旅をする

スポンサードリンク
 

 田端駅

 

 田端駅は、山手線の中でも非常に地味な存在です。

 田端駅をでると山手線は、京浜東北線に別れを告げて左側に大きくカーブします。この

 両側を見ると、ほとんどの山のきり通し状態で、今まで高架を走ってきた山手線は、突然

 地上を走る事になります。ここからぐるっと廻って大崎付近ぐらいまでが、本来の山手線の

 名前の由来の地域と考える事ができます。

 田端駅にはまた興味深い歴史があります。現在では日暮里から分岐している常磐線ですが

 田端駅が起点だった時期があります。現在、その面影が貨物線として残っていますが、当時

 は田端で折りかえして上野駅まで行っていました。

 東京には、なぜそのようなルートをとっていたのか、疑問に思う駅が沢山あります。神田と

 御茶ノ水の間には、中央線の万世橋駅がありましたが、どう見ても双方の駅に近すぎます。

 神田交通博物館跡付近に残っています。これは歴史によって人の移動が変わってきた事に

 よるものだと思われます。

 

 本日の目的地は、ちょっと歩くのですが、東北本線の尾久駅です。直線距離にして約1km

 の旅ですが、途中に大きな車庫を見る事のできる鉄道ファン向けのルートです。

 田端駅を出て、東に向かい東北本線をまたぐ橋を渡ると左手にJR東日本の東京支社が

 見えてきます。新宿の本社ビルも立派ですが、こちらのビルもなかなかです。

 東田端二丁目付近を線路と平行して北上していきます。この付近は両サイドを鉄道で

 挟まれています。多少の騒音には、住民の方ももう慣れっこになっているでしょうね。

HOME

池袋駅 田端駅 日暮里駅

新宿駅        上野駅

原宿駅      秋葉原駅

渋谷駅        神田駅

五反田駅      東京駅

大崎駅        新橋駅

品川駅  浜松町駅     

リンク集1    リンク集2

リンク集3    リンク集4

リンク集5    リンク集6

リンク集7    リンク集8

リンク集9    相互リンク

プロフィール

 

JRビル
田端検車区

地下道入り口

 地下道の入り口が見えてきました。ここから150mほど進むと尾久駅に出ます。

 尾久駅から見える車庫の眺めの壮観です。ただこの車庫がないと、ここが上野からひとつ

 目の駅なのかと思うぐらい地味なところにビックリします。

 京浜東北線が西側のルートをとって、尾久を迂回したのも頷けます。

 本日のルートは鉄道好きな方には、たまらないと思います。ぜひカメラを持参してください。

 くれぐれも車庫内には、入らないでくださいね。

 この後、食事をする所を探したのですが、これといった店が見つからず、結局上野に戻ることにしました。本当にここは上野からひとつ目の駅

 ですよね?

風景

Copyright(C )Yamatabi 山手線の旅 All Rights Reserved