山手線 神田駅

タイトルロゴ
山手線

山手線で旅をする

スポンサードリンク
 

 神田駅

 

 神田駅は、山手線の駅の中でも有名なわりには、新橋駅と同じく一般的なビジネス街で、旅と

 いう感覚から見ると平凡な立地です。

 一般に神田とつく地名は非常に広範囲に渡ってます。ちなみに有名な秋葉原電気街も外

 神田という地名なのです。実をいいますと昭和22年までは、独立した神田区として存在して

 いた由緒ある地名なのです。

 麹町区と合併して現在の千代田区となった今も、町名に神田を冠されている事が多く残って

 います。これは旧の日本橋区にも言えることです。

 神田駅の東口から町に出てみます。まず消費者ローンのティッシュ配りの多い事。もちろん

 需要があるから供給があるのでしょうが、皆さん本当にこの高金利で借りて大丈夫なので

 しょうか?

 さて神田名物といえば、金券ショップでしょうね?ガード下にも発見!

 東京ドームの巨人戦の当日券がたたき売られていましたが、最終的に売れ残った場合は

 店員さんでいくのでしょうか?さてこの通りは中央通りですが、北に行くとすぐ秋葉原、南に

 いっても東京メトロの三越前に歩いていける距離に駅があります。悩んだあげく廃止が決定

 している神田交通博物館が気になったので、北の秋葉原方面を選びました。

 交差点を越えて歩くこと僅か5分で、靖国通りまで来るともう秋葉原の電気街が見えてきま

 す。ちなみにこの靖国通りを都営新宿線で一駅(小川町乗車−神保町下車)行けば古本屋

 街で有名な神田神保町にアクセスすることができます。神保町は東京の文化を牽引していく

 非常に貴重な存在の街です。

HOME

池袋駅 田端駅 日暮里駅

新宿駅        上野駅

原宿駅      秋葉原駅

渋谷駅        神田駅

五反田駅      東京駅

大崎駅        新橋駅

品川駅  浜松町駅     

リンク集1    リンク集2

リンク集3    リンク集4

リンク集5    リンク集6

リンク集7    リンク集8

リンク集9    相互リンク

プロフィール

旧万世橋駅跡
中央線
  この交差点の西側の淡路町交差点付近には、東洋一と謳われた神田青果市場がありました。歴史は古く、徳川幕府の御用市場として 駒込, 千

  住と並び 江戸三大市場と称されていました。当時の野菜の物流は水運に頼っており、神田川近隣のこの地は野菜の集積場として、発展していっ

  た様です。周辺には野菜や果物を扱う八百屋が軒を連ねて、それは賑やかだった様です。この青果市場は昭和3年に、秋葉原駅の西北側に移 

  転して、平成2年には秋葉原の再開発に伴い大田区に移転して、現在では大田市場として野菜の取扱高日本一の取引規模を誇っています。な 

  お大田市場へは東京モノレール、流通センター駅から徒歩15分となります。(野菜ペースト

 さて話を戻しましょう。

旧交通博物館

 久しぶりです。神田交通博物館。よかった!フェンスで覆われていますがトレードマークの0系新幹線の車両

 はまだ健在でした。最終日には1万4000人の来場者数があった様ですが、往年の鉄道ファンにとっては、殿

 堂みたいなところですから頷けるところです。

 ちなみにこの施設は、規模が拡大されてさいたま市に移転される事になっています。上野駅から30分程度

 かかりますが、新しい鉄道の聖地に期待したいと思います。

 交通博物館を後にして、神田川にかかる万世橋からレンガの高架の眺めてみるとそこには、旧の万世橋駅の

 ホームに汽車が停まっているかのように見えました。

風景

Copyright(C )Yamatabi 山手線の旅 All Rights Reserved